角質硬化症とは?素人はほぼ100%かかと水虫と見分けができない!

角質硬化症の説明をする皮膚科医師のイメージ像

皮膚科の医師でも、かかと水虫との違いを目視で判断することが難しいとされるのが角質硬化症です。

 

単なる乾燥肌と安易に考えてしまいがちですが、皮膚の病気の一つなので、もう少し説明していきますね。

 

角質硬化症とは角化症とも呼ばれ、皮膚の最表面に存在する角質が硬くなる病気です。

 

たくさんある皮膚病の中でもかかとに限らずに、私たちの皮膚が硬くなってしまう症状をまとめて角化症と呼んでいます。

 

先天的な遺伝性によるものと、外部からの刺激によって生じてしまう後天性のものに分けられています。

 

後天性のものとして多い例は、ミュールやサンダルを履く女性が、綺麗なかかとにするためにお風呂場でかかとをこすって(削る)しまうことです。

 

すると、私たち人間の防御機能がはたらいて、より厚く硬い角質のかかとへと強化されてしまいます。

 

私たちが健康を保つために、皮膚はウイルスや細菌などから身を守る大切な働きがあります。

 

そのためかかとが削られてしまうと、自然にその箇所を回復させる、さらには上塗りするように強くなって、どんどんと皮膚が硬く厚く変わっていくのです。

 

ですので、かかとを綺麗に見せたいお気持ちもすごくわかりますが、できれば軽石ややすりなどのかかとケアアイテムの使用は控えておきましょう。

【画像比較】かかと水虫と角質硬化症の違い

角質硬化症とかかと水虫の写真

 

どちらが「かかと水虫」で、どちらが「角質硬化症」か分かりますか?

 

パッと見てその違いがわかるようでしたら、皮膚科の医師なみの診察力ですよ!医師の方々も最終的な判断は、顕微鏡による白癬菌(水虫の原因菌)の存在を確認して決定されます。

 

つまり、見た目のみの違いで判断するのは大変難しいことです。

 

 

さて問題の答えは、左がかかと水虫、右が角質硬化症です。右側は若干水分で潤っていますが、もし左側と同じように乾燥した状態で撮影していたら、その違いがほとんど分からなかったことでしょう。

 

かかと水虫の写真については、「カサカサなかかとが水虫か乾燥肌かの違いを画像で見分ける」にまとめているので、ぜひご参考ください。

 

 

かかとが角質硬化症になった人のなかには、かかと水虫に感染したと勝手に判断して、水虫薬を塗り続けている人もいるでしょう。

 

当然治るわけがなく、時間とお金をドブに捨てているようなものでもったいないです。

 

かかとに水虫薬をすりこむ時間は1分以上かかりますし、また、油分の多い薬がついた手を洗剤で洗うため、手荒れの原因にもなります。

 

 

かかと水虫の薬が有害なわけではないですが、決して体に良くはありません。角質硬化症を勝手にかかと水虫と判断して病院へ行かないと、永遠と余分な時間とお金を意味のないことに費やすことになります。

 

ですので、かかと水虫が疑われるようでしたら、まずは皮膚科での診察を強くおすすめします。

節約&超簡単!かかとクリームのレシピを公開

かかとを柔らかくするクリームや薬を手に入れるには、ドラッグストアで購入したり病院で医師から処方してもらう必要があります。

 

いずれにしても、結構な量を使うかかとクリームですし、効き目のある量(20%くらい)の尿素配合のものとなると、販売金額も高くなります。

 

ですので、同じ症状の方にご参考いただきたく、節約かつ超簡単に作れるかかとクリームのレシピをまとめました。

 

>> 節約簡単!ガサガサな硬いかかとを柔らかくするクリームレシピ

 

 

運動量の多い私は、どうしてもかかとが硬くなってしまいます。しかし、できるだけ綺麗で潤ったかかとを維持したいです。

 

有効成分が尿素であれば自分で作れると気づき、ネット通販で購入した尿素と植物性乳化ワックス(クリーム状にする材料)で自作しました。

 

レンジ対応容器に材料を全部入れてレンジでチンだけですので、本当に簡単です!

 

 

このクリームをかかとに塗り続けるだけでちゃんと効き目を発揮してくれるので、必要なときに参考にされてください。

 

自分で作るのが面倒なら、皮膚科でよく処方されている成分のヘパリン類似物質を含んだヒルドプレミアムがおすすめです。

 

保水、バリア、抗炎症、保湿の4つの働きをする成分を含んでいて、愛用者さんの評価が高い薬用クリームです。

 

>> ヒルドプレミアム(アマゾン公式サイト)

 

 

アマゾンでは商品の説明が簡素で、初めて購入される方は少し不安になるかもしれませんね。

 

楽天を調べてみたところ、商品PRされていたこちらのページに図解で分かりやすく説明されていたので、よろしければお役立てください。

共有のお願い、角質硬化症と間違えないために

かかと水虫と角質硬化症の画像比較について、分かりやすいと感じていただけましたでしょうか。

 

もし「この記事は参考になる!」と思っていただけたら、ツイッターなどのSNSで共有していただけたら嬉しいです!

 

この記事を少しでも多くの人にご覧いただき、適切なかかとのケアにお役立ていただければ幸いです。