妊婦が水虫治療薬を飲んでも大丈夫なの?

大丈夫じゃありません。お腹の赤ちゃんのために飲んではいけませんし、授乳中も飲んではいけないとされています。こちらのページにまとめた爪水虫の飲み薬による副作用の通り、成人の方でも消化器系や肝機能に障害をおよぼす可能性があります。

 

それくらい水虫薬の有効成分の働きが強く、白癬菌を殺すかわりに私たちの臓器に負担をかけているのです。

 

爪水虫薬の成分が妊婦さんの胎児や授乳を通じて赤ちゃんの体内に入ってしまったら・・・。大人の私たちよりひどい副作用がでてしまうでしょう。

妊婦さんが爪水虫を完治させる唯一の方法

外用薬を塗り続ける方法のみとなります。

 

「外用薬は効かないって聞いたよ!」

 

確かに、従来の爪水虫外用薬は殺菌成分が弱く、浸透性も悪かったため、ほとんど爪の内部に潜む白癬菌を殺すことができませんでした。

 

しかし、新成分の開発とともに爪へしっかりと染み込ませることもできるようになり、外用薬でも爪水虫を完治できるようになりました。

妊婦が濁って変色した汚い爪を治す飲み薬を飲んでも大丈夫なのか?関連ページ

UV(紫外線)でにごり・変色爪、足裏のお悩み治療は危険!遺伝子が変異する恐れあり
家庭用の変色爪、足裏のお悩みの治療器としてUV(紫外線)の出る商品が販売されていますが、UVの危険性をご存知でしょうか。強度が増すと細胞内の遺伝子が突然変異を起こして発癌する危険性が高まります。
【画像解説】にごり・変色爪の見分け方と時間経過による色と形の変化
爪の色が黄褐色に変色してきたり今までになかった筋が見られるようになると、にごり・変色爪の疑いがあります。日数経過とともにどのように爪の色・形状が変化するかを画像付きでまとめています。