爪水虫を治す飲み薬の副作用

従来の外用薬ではほとんど完治できない爪水虫。皮膚科で健康であると診断されれば飲み薬(抗真菌剤)をすすめられますが、やはり気になるのが副作用です。

 

すでに分かっている副作用は、胃の不快感・下痢・腹痛などの胃と腸に生じる症状、また、肝臓が薬の成分を懸命に分解して負担がかかり、肝機能障害を起こす可能性もあります。

 

副作用を生じる可能性のある爪水虫の飲み薬ですが、医師はどのようにして処方するのでしょうか。

副作用を未然に防ぐ血液検査

爪水虫の患者さんの副作用を防ぐため、水虫薬の服用前や後に定期的に血液検査をします。服用前の検査では、飲み薬に耐えられる状態か否か判断できますし、薬を飲み始めて副作用が生じてきたら、これも検査ですぐに分かります。

 

血液検査による結果をもとに医師が適切な判断をされるので、過度に副作用を心配する必要はありません。

それでも心配な爪水虫の飲み薬の副作用

血液検査でGOサインが出たとしても、やっぱり、できるなら危険は避けたいものです。体内に入るものなので、なんか蓄積しそうな感じもしますし、すこしずつ臓器が弱りそうな怖さもあります。

 

医師としっかり相談して、心から安心できれば爪水虫の飲み薬がいいですね。生え変わる爪に白癬菌がいない状態なので、確実に完治の方向へすすんでいきます。

 

もし、どうしても不安が払拭されなかったり、可能なかぎり体への危険をゼロにしたい場合は、爪水虫専用の外用薬を塗るのが安心です。

 

以前は塗り薬で治せないと言われていましたが、それも古い話です。白癬菌を確実に殺す新成分の開発と硬い爪に薬を浸透させる技術により、外用薬で爪水虫を完治できるようになりました。

にごり・変色爪を治療する飲み薬(経口抗真菌剤)の副作用と症状関連ページ

UV(紫外線)でにごり・変色爪、足裏のお悩み治療は危険!遺伝子が変異する恐れあり
家庭用の変色爪、足裏のお悩みの治療器としてUV(紫外線)の出る商品が販売されていますが、UVの危険性をご存知でしょうか。強度が増すと細胞内の遺伝子が突然変異を起こして発癌する危険性が高まります。
【画像解説】にごり・変色爪の見分け方と時間経過による色と形の変化
爪の色が黄褐色に変色してきたり今までになかった筋が見られるようになると、にごり・変色爪の疑いがあります。日数経過とともにどのように爪の色・形状が変化するかを画像付きでまとめています。