爪色が黄ばみ潤いを失い変形してきたら、にごり・変色爪の可能性大

時間経過による爪水虫の悪化画像

この画像は、日数の経過とともに変色してくずれた爪が悪化していく様子です。

 

爪母(爪の生え際)から向かって右側が黄褐色に変色していき、だんだんと左側に広がっています。そして、全体を侵食する前に先に侵された部分からかけてしまいました。

 

 

かかとのカサカサ・ゴワゴワとは違い、変色爪の場合は素人でも比較的判別しやすく、この状態になっても放っておく人は少ないでしょう。

 

ただ、爪がかけるまで侵されているのは最終段階で、臓器に以上がない方であれば、医師の慎重な診察のもとで飲み薬を処方してもらわない限り完治は難しいでしょう。

 

変色して崩れた爪のきっかけは、爪の生え際となる爪母からはじまります。左の画像は、これから黄ばみながら変色し、乾燥して崩れていく爪の初期段階の様子です。

 

まだ爪に潤いが残っていますし、末端部分は健康な爪本来の色合いを保っていているので、市販されている専用の塗り薬でも完治できると考えられます。

 

 

早い段階で気が付き、濁って汚い変色した爪の完治に特化した薬を継続して塗り続けさえすれば良いのですが、

 

本人が分からないくらい徐々に変色してきますし、足が痒くなるなど際立つ症状が出ないので放置してしまいがちです。

 

 

最終的には下の写真のように、もう誰にも見せられないくらい不潔極まりない足爪へと変貌してしまいます。

 

黄褐色を通り越して爪床(爪の裏側、爪と皮膚が接する部分)で血が滲み固まってしまったような赤褐色になっていますね。

 

年月が経過するに連れて、黄色から茶色、茶色から黒色へど確実に暗黒度が増していきます。

 

 

初期段階におけるにごり・変色爪の症状をまとめると次の通りです。

 

  • 数年前よりも明らかに爪が厚くなり濁ってきた
  • 爪の色が黄白色から黄褐色へ変化してきている
  • 爪の周りが炎症することがある
  • 以前にはなかった筋を爪表面に確認することができる

 

怪しいと感じたらすぐに皮膚治療専門院や総合病院の皮膚科へ行くことを強くおすすめします。医師のアドバイスのもと、治療法をご自身が継続するしかありませんし、飲み薬であれば、健康診断等を行ってから処方してもらう必要があります。

 

痛みなど体を害する症状を伴わないことが、患者の治療意欲を沸かせない根本原因ですね。やはり、人間は危機感を覚えない限り誰しもすぐに行動できないものなのです。

 

その一方、女性は夏場にミュールを履いて爪とかかと、足全体を見せる機会が多いため、男性より早く完治させたい意欲が高い傾向にあります。

 

 

問題は無神経で鈍感な人。足爪が濁って変色し崩れている人は、当然ながら足裏・足横も変な皮めくれがあったり、白い液胞がぽつぽつ発生していることがあるわけで、

 

その状態で家族共同のバスマットを平気で使用したり、公共の場でシューズを脱いだ時、自分の足裏・足横から剥がれた皮膚の一部を残していることに、若干なりとも罪の意識を感じてよいのではないでしょうか。

 

足の裏のお悩み個人の問題ではなく、周辺の人々に迷惑をかけるかもしれないことを認識していれば、自ずと早く治さなければいけないという意識が湧いてくると思います。

汚く濁って変色し、くずれている爪を完治させる方法

基本は病院で処方された内服薬を継続することです。一般的な外用薬では爪の各層の奥深くには染み込んでいかないため、体内から爪が生成する部分に作用させるようにします。

 

内服による治療のメリットは、確実に濁って変色した爪、そして何度も繰り返す足の裏・足横のお悩みを確実に改善していくこと、そして完治の絶対条件となる継続が簡単になることです。

 

通常の足爪と足裏・足横のお悩みを完治できない人が多いのは、体に痛みを伴う危機感を覚える症状が出ないため、薬の塗布を続けられないことにあります。

 

 

一方、内服薬のデメリットは副作用が生じる場合があること、臓器に異常があったり、お腹に赤ちゃんのいる妊婦さんは内服できないことです。

 

消化器系や肝胆道系に障害をおよぼすことがあり、当然ながら赤ちゃんのいる妊婦さんは厳禁です。また、医師の定期診断が必須になりますので、通院が必須です。

 

 

末期でなければ市販の商品で、濁って変色し崩れた爪を完治できるお薬がありますので、続いてご紹介していきます。

自宅で初期段階の変色して汚い爪を改善する塗り薬

CLEAR NAIL SHOT(クリアネイルショット)と呼ばれる、「変色して汚いにごり爪」を綺麗にする商品としては珍しく、日本の会社が開発したものになります。

 

クリアネイルショットを開発したのは、東証一部上場企業(証券コード: 2930)の北の達人コーポレーションさんです。お腹の調子を整えるカイテキオリゴという爆発的ヒット商品を生み出した企業になります。

 

また、すでにクリアフットヴェールを発売しており、自宅で本格的に「何度も繰り返す足の裏のお悩み」を治していきたい方にご愛用いただいております。こちらについては下のページにまとめましたので、お時間出来ましたときにご参考ください。

 

→ クリアフットヴェールについて

 

 

北の達人さんのモノづくりの考え方は、「流行商品ではなく、品質に満足して何度ども使ってもらえる実用商品」が根幹となっています。投資家向けのレポートを拝見すると、業績はもとより、同社の商品開発姿勢とそれに伴った新商品への高い評価に大きな期待が寄せられています。

 

クリアネイルショットは、固く汚い爪の中に「竹酢液」「テルピネン-4-オール」「α-シトラール」「シトロネラール」を深く浸透させ、白濁や黄褐色など、濁って変色した爪を着実に改善していきます。

 

下のページに詳細が紹介されていますので、妊婦さんや肝臓の悪い方をはじめ、本格的に自宅でにごり・変色爪を綺麗にされたい方はお役だて下さい。

 

→ クリアネイルショットの詳細(公式サイト)

 

 

公式ページをご覧いただいた通り、割引のきかない単品コースですと、少し高く感じる方がいると思います。もし、まずは単品購入で白濁して汚い爪の対策に効果的なものをお探しの場合は、当サイトで以前からご紹介している米国発のDr. G’s クリアネイルをおすすめします。

 

米国のネイルサロンを中心に高く評価されており、それに伴って市場シェアを拡大しつづけてきました。実績が高く評価されて、日本にも輸入されるようになり、綺麗な爪へと変わっていく実感から多くの方に使われ続けています。

 

クリアネイルショットと同じく、臓器の働きが弱い方や妊婦さんも安全ですので、飲み薬を服用できない方はこちらをお試しいただくのも良いと思います。

 

→ Dr. G’s クリアネイルの詳細(公式サイト)

 

 

内容量をふまえて計算すると、単品購入の場合はDr. G’s クリアネイルの方が安くなっています。お悩みの箇所に作用する成分にも違いがありますので、お時間と予算にゆとりがあれば、片方の足の爪にはクリアネイルショット、もう一方の爪の足にはDr. G’s クリアネイルを塗って、じっくりと経過観察しながら比較されるのも良いですね。

 

白濁・変色して汚い爪を綺麗にしていくには、第一に皮膚科の医師に相談することですが、何らかの理由でそれができないときや、妊婦さんのように初めから医薬品を服用できないことが分かっている場合には、これらの塗り薬をお役立てください。

 

 

 

 

 

 

【画像解説】にごり・変色爪の見分け方と時間経過による色と形の変化関連ページ

UV(紫外線)でにごり・変色爪、足裏のお悩み治療は危険!遺伝子が変異する恐れあり
家庭用の変色爪、足裏のお悩みの治療器としてUV(紫外線)の出る商品が販売されていますが、UVの危険性をご存知でしょうか。強度が増すと細胞内の遺伝子が突然変異を起こして発癌する危険性が高まります。