皮膚科で処方された飲み薬で完治させることが第一!

爪にできた水虫は、市販の水虫薬をただ塗るだけでは治すことができません。後ほど紹介しますが、塗り薬の届かない爪の内部に白癬菌が住み着いているため、そこまで薬が浸透していかないのです。

 

妊婦さんや肝臓機能が低下されている方は飲み薬を利用できませんが、その他の方々は皮膚科で処方された飲み薬を爪が生え変わり白癬菌の存在が確認されなくなるまで服用することで確実に治療することができます。

 

一方で飲み薬を使えなくて悩んでいる方もいますし、皮膚科へ行くことが恥ずかしく感じる方もいるでしょう。

 

こちらでは、安全な塗り薬で、濁って変色した爪を完治させる方法をご紹介します。まず、飲み薬が変色して汚い爪を完治させるまでの流れを知り、その代わりとなる塗り薬の有効な使い方についてまとめていきます。

なぜ、飲み薬で爪水虫を完治できるのか?

白癬菌を死滅させる飲み薬が、爪内部へ浸透していく下の図をご覧ください。

 

飲み薬が爪に到達する流れ

 

薬効成分を患部へ運ぶのは血液の役割です。血液は栄養素や酸素など、ありとあらゆるものを全身にくまなく運んでくれます。

 

口から入った水虫の飲み薬は、胃を通過して小腸へ到達します。小腸には無数の毛細血管が張り巡らされていて、主にここから吸収されていきます。その後、肝臓などの臓器を通過して爪に到達します。図の青い矢印が、この一連の流れを示しています.

 

さて、一つ疑問がわきませんか?

 

 

 

爪を切っても血が出ませんよね。つまり、血管が通っていないことになりますが、どのように爪の内部にまで水虫薬が浸透していくのでしょうか

 

爪の根元には爪母や爪床と呼ばれる、血管の通った爪をつくる場所があります。ここで水虫薬いりの爪が作られるため、新しい爪の内部に白癬菌が住み着くことができず、綺麗な爪へと改善されていきます。

 

白癬菌のいない綺麗な爪の生え始め

 

このように爪の根元から白癬菌の死滅した綺麗な爪へ生え変わっていきます。飲み薬は爪以外の皮膚にも有効なため、水虫全部を治すのに最も有効な方法となっているのです。

 

しかし、妊婦さんや臓器(特に肝臓)の弱い方は服用することができません。そこで活躍するのが、塗り薬になります。

塗り薬で爪水虫を完治させる方法

塗り薬で爪水虫を治療するときは、以下の2ステップを続けることが大切です。

  • 1. 尿素など爪や角質層を柔らかくできる軟膏剤を十分に塗りこんでから、水虫薬をしみ込ませていきます。
  • 2. さらに効果を高めるため、ラップを巻いて密封状態にし、蒸し饅頭を作るときの蒸し器と同じ原理で薬を浸透させていきます。

 

飲み薬よりも効き目は弱いですが、服用できない方はこの方法が最も効果的とされています。

 

もうちょっと効き目を高めたいのなら、白癬菌によって白濁した爪があるときは、それを削り取ってから軟膏剤→水虫薬で処置すると良いです。

初めての方でも安心な変色して汚い爪用の塗り薬

CLEAR NAIL SHOT(クリアネイルショット)と呼ばれる、にごり変色爪を綺麗にする商品としては珍しい日本の会社が開発したものになります。

 

クリアネイルショットを開発したのは、東証一部上場企業(証券コード: 2930)の北の達人コーポレーションさんです。お腹の調子を整えるカイテキオリゴという爆発的ヒット商品を生み出した企業になります。

 

また、すでにクリアフットヴェールと呼ばれる水虫薬を発売しており、自宅で本格的に水虫治療をされるかたにご愛用いただいております。こちらについては下のページにまとめましたので、お時間出来ましたときにご参考ください。

 

→ クリアフットヴェールについて

 

 

北の達人さんのモノづくりの考え方は、「流行商品ではなく、品質に満足して何度ども使ってもらえる実用商品」が根幹となっています。投資家向けのレポートを拝見すると、業績はもとより、同社の商品開発姿勢とそれに伴った新商品への高い評価に大きな期待が寄せられています。

 

クリアネイルショットは、水虫感染した固く汚い爪の中に「竹酢液」「テルピネン-4-オール」「α-シトラール」「シトロネラール」を深く浸透させ、爪内部の水虫菌を死滅させていきます。

 

下のページに詳細が紹介されていますので、妊婦さんや肝臓の悪い方をはじめ、本格的に自宅で変色して汚い爪の治療を検討されている方はお役だて下さい。

 

→ クリアネイルショットの詳細(公式サイト)

 

 

公式ページをご覧いただいた通り、割引のきかない単品コースですと、少し高く感じる方がいると思います。もし、まずは単品購入で効果的なものをお探しの場合は、当サイトで以前からご紹介している米国発のDr. G’s クリアネイルをおすすめします。

 

米国のネイルサロンを中心に高く評価されており、それに伴って市場シェアを拡大しつづけてきました。実績が高く評価されて日本にも輸入されるようになり、綺麗な爪へと改善されていく実感から多くの方に使われ続けています。

 

クリアネイルショットと同じく、臓器の働きが弱い方や妊婦さんも安全ですので、飲み薬を服用できない方はこちらをお試しいただくのも良いと思います。

 

→ Dr. G’s クリアネイルの詳細(公式サイト)

 

 

内容量をふまえて計算すると、単品購入の場合はDr. G’s クリアネイルの方が安くなっています。水虫菌に作用する成分にも違いがありますので、お時間と予算にゆとりがあれば、片方の足の爪にはクリアネイルショット、もう一方の爪の足にはDr. G’s クリアネイルを塗って、じっくりと経過観察しながら比較されるのも良いですね。

 

にごり変色爪の治療は、第一に皮膚科の医師に相談することですが、何らかの理由でそれができないときや、妊婦さんのように初めから医薬品を服用できないことが分かっている場合には、これらの塗り薬をお役立てください。

 

 

 

 

 

 

爪水虫を塗り薬で治す | 皮膚科へ行かず自宅で完治させるには?記事一覧

太陽光を浴びすぎると皮膚癌になるリスクが高まることは、よく知られています。あの光の中には、人間の体に危険性をおよぼす紫外線(UV)が含まれていて、それが細胞内の遺伝子を損傷させ続けることで、ある日突然変異を起こし、正常な細胞からガン細胞へと変化します。大人よりも子どもは紫外線に対する抵抗力が弱いので、NHKさんでは子どもの日焼けについて、生活情報ブログにまとめられています。>> 子どもを紫外線から...

従来の外用薬ではほとんど完治できない爪水虫。皮膚科で健康であると診断されれば飲み薬(抗真菌剤)をすすめられますが、やはり気になるのが副作用です。すでに分かっている副作用は、胃の不快感・下痢・腹痛などの胃と腸に生じる症状、また、肝臓が薬の成分を懸命に分解して負担がかかり、肝機能障害を起こす可能性もあります。副作用を生じる可能性のある爪水虫の飲み薬ですが、医師はどのようにして処方するのでしょうか。

大丈夫じゃありません。お腹の赤ちゃんのために飲んではいけませんし、授乳中も飲んではいけないとされています。こちらのページにまとめた爪水虫の飲み薬による副作用の通り、成人の方でも消化器系や肝機能に障害をおよぼす可能性があります。それくらい水虫薬の有効成分の働きが強く、白癬菌を殺すかわりに私たちの臓器に負担をかけているのです。爪水虫薬の成分が妊婦さんの胎児や授乳を通じて赤ちゃんの体内に入ってしまったら...

白濁して割れた爪の画像です。これをみて爪水虫ではないと言い切れる方は、皮膚科の医師くらいでしょう。下のページで紹介したかかと水虫と間違えやすい角質硬化症のように、私たち素人は正確に判断できないといっても過言ではありません。>> かかと水虫と間違えやすい角質硬化症と写真画像で比較美容院や引越しスタッフ、はたまたレストランのウェイターやキッチンスタッフなど、長時間の立ち仕事をされているかたは、上の写真...

この画像は、日数が経過したことによる爪水虫の感染が広がっていく写真です。爪母(爪の生え際)から向かって右側が黄褐色に変色していき、だんだんと左側に広がっています。そして、全体を侵食する前に先に侵された部分からかけてしまいました。かかと水虫とは違い、爪水虫の場合は素人でも比較的判別しやすく、この状態になっても放っておく人は少ないでしょう。ただ、爪がかけるまで侵されているのは最終段階で、臓器に以上がな...