3種類の成分で水虫を治しながら綺麗な足の裏へ

水虫の原因となる真菌の一種である白癬菌(通称: 水虫菌)に一度感染すると、角質層内部で脅威の繁殖力で広がり、白い液体を内包したプツプツや皮膚タダレであったり、真夏でもガサガサなかかと、変色・変形した汚い足の爪など、水虫の諸症状として表面化します。

 

CLEAR FOOT VEIL(クリアフットヴェール)の商品画像

本ページでご紹介する左画像のCLEAR FOOT VEIL(クリアフットヴェール)には、竹酢液、サリチル酸、そして環状重合乳酸(略称: CPL)の3種類の成分が足の角質層内部に作用して、水虫の原因菌を殺菌・防菌しながら綺麗な足の裏へ改善させてくれます。

 

殺菌・防菌効果が期待できる成分として竹酢液は広く知られていますし、かかとの硬い角質でさえも柔らかくして各成分を角質層内部へ浸透させてくれるサリチル酸もよくお聞きすると思います。

 

これにプラスされたのが、肌の調子を整えて水虫再発の予防効果アップが期待できるCPLです。

 

クリアフットヴェールを開発したのは東証一部上場企業(証券コード: 2930)の北の達人コーポレーションさんです。お腹の調子を整えるカイテキオリゴという爆発的ヒット商品を生み出した企業になります。

 

北の達人さんのモノづくりの考え方は、「流行商品ではなく、品質に満足して何度ども使ってもらえる実用商品」が根幹となっています。投資家向けのレポートを拝見すると、業績はもとより、同社の商品開発姿勢とそれに伴った新商品への高い評価に大きな期待が寄せられています。

 

市販の水虫薬を使った気休めの水虫対策ではなく、通院せずに自宅で水虫の完治を目指す方へおすすめのクリアフットヴェールについて、以下の項目でまとめてまいります。

 

  • 水虫菌の殺菌・成長抑制が期待できる「竹酢液」について
  • 各成分の浸透力を高める「サリチル酸」について
  • 足裏お肌・ガサガサかかとを整える「環状重合乳酸(CPL)」について
  • 処方が肝!同じ主役成分を使っていても効き目が違う理由

 

→ クリアフットヴェールの公式サイトはこちら

水虫菌の殺菌・成長抑制が期待できる「竹酢液」について

ビニール袋に薄めた酢を適量入れて、そこに足を突っ込んで口を絞り、その上からくつ下を履いて数時間過ごす水虫対策法をご存知でしょうか。

 

科学的に立証されていないようですが、経験則より酢は自宅における水虫治療に効果的とされており、多くのWEBサイトでも紹介されています。

 

酢の中でも木酢液やクリアフットヴェールにも配合されている竹酢液がより効くようで、お肌が酸性の酢に過敏反応を示さない場合には、一度試してみる価値はありそうです。

 

実際に白癬菌の殺菌や成長抑制に有効であると論文でも発表されている(※)ようで、多くの実践者の体験談からも、酢由来の殺菌作用によるものと考えられます。
(※)情報元: ヘルスケア大学、木酢液で水虫は治る? ヘルスケア大学はWEB上のヘルスケア情報サイトで、こちらに所属するドクターが各質問に専門的な知識・知見を活かして回答されています。

 

さて、先に紹介したクリアフットヴェールの公式サイトをご覧いただくと、竹酢液の概要には豊富な有機化合物を含む竹からできる植物性の液体が、悩みのタネの活動を抑え、肌リズムを覚醒させる働きがあると書かれています。

 

これは竹酢液が皮膚表面の細胞の新陳代謝を促し、角質細胞を活性化させて古い角質を剥がれ落としやすくすることを意味しています。

 

殺菌・成長抑制について書かれてないけど、実際どうなの?って疑問になりますよね。これについては薬事法に触れる恐れがあるので、これを匂わせる表現さえも排除したものと考えられます。

 

「効果がある」や「有効である」と断言する表記は、数々の科学的立証を済ませないと認められず、内服薬など体内にはいる薬効成分などがそれに該当します。立証には莫大な費用がかかるため、どこの企業も全条件を満たす竹酢液の科学的検証をしていないのでしょう。

 

薬事法に抵触する誇大広告がいまだにウェブ上にゴロゴロ存在している中、逆にいえば北の達人さんは誠実なアピールをされています。

各成分の浸透力を高める「サリチル酸」について

ニキビ治療に用いられる薬に配合される成分として有名なサリチル酸。大人のニキビは、角質が硬くなって柔軟性を失い、角栓が発生し、毛穴を詰まらせてしまうことで発生します。

 

サリチル酸は角質硬化を防いでくれるので、大人ニキビの発生を抑え、さらにすでに発生している毛穴詰まり(微小面ぽう)を除去することも可能です。

 

この原理がかかとや足裏角質層にも効いてくるわけです。顔であっても足であっても同じタンパク質から構成される皮膚ですので、サリチル酸が足でも活躍できるのは当然です。

 

サリチル酸を混ぜておくことで、固く厚い角質層内部へ竹酢液とCPLを浸透させやすくしてくれます。

足裏お肌・ガサガサかかとを整える「環状重合乳酸(CPL)」について

個人的に主役成分だと思っています。これが浄化・リフレッシュ・整肌・肌ガードなど、肌の調子をととのえるだけではないのかなと思っています。

 

CPLとはCyclic Poly Lactateの略称で、日本語にすると環状重合乳酸となりますが、呼びやすく覚えやすいCPLで統一します。

 

CPLは癌治療の分野で大変注目されています。ガン細胞の増殖を強力に抑制し、癌に伴う諸症状を緩和する効果が大いに期待できることから健康食品も開発されています。

 

私たちの細胞は頭からつま先まで毎日寿命を迎えているのですが、死ぬ前にコピーすることで、新しい細胞と入れ替わる新陳代謝をおこしています。このコピー段階で異常なガン細胞が生まれるのですが、人間の有する免疫機能によってガン細胞などの異常細胞は死滅します。

 

CPLは新しいタイプの抗癌物質として注目されています。体内でも極微量に生成・分泌されており、ガン細胞のエネルギー供給を担う嫌気的解糖系の酵素であるピルビン酸キナーゼと乳酸脱水酵素(LDH)の活性化を阻害します。つまり、ガン細胞が生き延びるために正常細胞とは異なる部分があるのですが、その部分にCPLが作用するので正常細胞に害はなく、ガン細胞を特異的に排除していくわけです。

 

これって水虫菌に対して少なからず作用してるんじゃないかなって思うのは私だけでしょうか。もちろん、水虫の治療効果として立証されているわけもなく、この作用効果をうたうことなんて開発側は絶対にできないわけで、クリアフットヴェールの公式サイトでも化粧品としての働きのみを強調されています。

 

水虫菌なんて外部から私たちの皮膚内へ侵入してきたわけで、異質で邪魔な存在です。水虫菌の中では人間の正常細胞とは違う働きがあり、そこにCPLが作用して水虫菌の弱体化が期待できるなんてことはないのでしょうか。

 

 

ここまでは筆者の単なる想像ということで参考程度にしていただきたいのですが、クリアフットヴェールにおける働きとしては、既に化粧品業界でも使われているお肌の調子を整えることです。

 

CPLは保湿・保水性に優れているため、かかとや足裏をすべすべな状態に保つ作用があります。お肌の調子を整えておくことは、水虫への感染を防止するために重要です。

 

例えば、水虫で厚くなったかかとを軽石でこすって皮膚を傷つけると水虫になりやすくなります。通常、水虫の原因である白癬菌が足の表面に付着してから感染を起こすためには24時間以上の時間を要しますが、軽石でこすった足の裏であれば、たったは半日でも感染を起こすことがあります。(※)
(※)参考: 水虫は1ケ月で治せる!―爪水虫も3ケ月で治せる!  水虫の正しい知識と治療法が分かる良書です。

 

私たちの皮膚には常在菌が存在します。これは外から体内へ侵入しようとするウイルスや白癬菌を含む細菌等の有害なものから、私たちの健康を守るために戦ってくれます。

 

皮膚常在菌は正常な皮膚環境のもとで、適切な個体数がちょうどよく活動してくれます。ですので、くつ下を長時間履いて湿気で皮膚がやわらかくなりすぎたり、美肌ケアと称して軽石でこするなどして皮膚を痛めて長時間洗うこともなく放置していると常在菌の活動しにくい皮膚環境へ悪化し、マットレスやスリッパなど至る所にいる白癬菌に感染されやすくなるのです。

 

ですので、体重を支えるために最もストレスがかかり、お肌の状態が崩れやすくなる足裏とかかとを綺麗な状態に保つため、CPLの高い保湿・保水性が大いに役立ちます。

 

くれぐれも水虫対策として乾燥させすぎることはしないでください。過度な乾燥ストレスを与えられた皮膚細胞は死んでしまい、皮膚常在菌の生存できない環境になります。

 

そこで、乾燥させ続けることをやめてしまうと、至る所にいる白癬菌が付着して角質層内部へ侵入し、一気に増殖して水虫発症へつながります。

 

 

さらには、体内でも微量に生成・分泌されているCPLは、分解する過程で水素イオンを発生し、老化・エイジングの原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用を示します。

 

必要のない活性酸素は強力かつ無作為に美肌成分のタンパク質等を攻撃していきます。それゆえ、シワ・シミ・くすみの直接的原因となります。美の大敵である活性酸素を退治するのが、CPLの分解過程で生まれる水素イオンです。水素水がアンチエイジングで注目される理由も同じ作用があるからです。

 

つまりCPLを配合しておくことで、生まれたてホヤホヤの新細胞が綺麗な皮膚を作りやすい環境を整えてくれるます。綺麗な皮膚が作られると皮膚常在菌が働きやすくなり、外部から侵入を試みるカビや花粉、病原体のようなものからも守ってくれます。不要なものに対して作用することから、水虫菌が容易に感染することも防いでくれるわけです。

 

水虫に感染していないひとの足裏やかかとが非常に綺麗なことからも、皮膚の調子を整えておくことの重要性が分かります。

処方が肝!同じ主役成分を使っていても効き目が違う理由

すでに数々の水虫薬が販売されています。ただし、同じ主役成分を使っているのに、あるものは評判が良く、もう一方は芳しくないことが起こるのはなぜでしょうか。化粧品もそうですよね。パッケージやテレビCM等が派手であっても、原料をこまごま調べてみると配合成分に大した違いがないことはよくあります。

 

これは、製品処方が大切であることを教えてくれています。成分を混ぜる量、混ぜる順番、混ぜ方、作る時の温度などなど、とくに混ぜる量=濃度の違いで製品の感触、効き目が著しく変わることはよくあります。料理で例えるなら、あんかけに塩と片栗粉を入れる量を考えるとわかりやすいです。

 

塩を入れすぎたら辛くてまずいですし、片栗粉を入れ過ぎたらベトベトで舌触りが最悪になります。熱の入れ方や時間も重要ですよね。料理と同じことが、水虫薬をつくるときにも言えるわけです。

 

上記の3種の成分を適切な量で配合して、独自の工程で完成させることにより、クリアフットヴェールは完成しています。その結果が愛用者さんの感想やネット通販などの評価に反映されてきます。

 

繰り返しになりますが、北の達人さんのモノづくりの考え方は、「流行商品ではなく、品質に満足して何度ども使ってもらえる実用商品」が根幹となっています。これを具現化した水虫薬がクリアフットヴェールです。自宅で水虫完治を目指すときにお役立てください。

 

→ クリアフットヴェールの詳細はこちら