知らぬ間に私たちと共存する水虫

1999年と2000年に全国2,000名の皮膚科専門医による調査によって、日本には人工の20%、当時で約2,500万人が水虫を患っており、その半数が爪水虫であることが分かりました。
(データ元: 水虫は1ケ月で治せる! 爪水虫も3ケ月で治せる!

 

水虫は危険を感じるような症状がなく放置されがちですので、この割合はあまり変わっていないものと考えられます。

 

水虫治療薬のCMで足をカリカリしてかきむしっているいるようなものもありますが、あんな水虫ばかりではありません。

 

感染者さんが分かるような症状があればいいものの、やっかいなことに足にこっそりと潜んで増殖していることが多いです。

 

夏なのに片方の足の皮膚がカサカサしていたり、爪が厚くなり色が濁っていたら要注意。ご自身が本格的に水虫治療を開始しないと、素足で行動するたびに水虫菌をあちこちにばら撒いて感染源を増やすことになります。

 

さて、水虫を引き起こす原因はなんでしょうか。

水虫の原因となる白癬菌について

水虫を引き起こすのは白癬菌というカビ(真菌)の一種です。左の顕微鏡画像を見てみると、なんか気持ち悪いですね。こんなのがうじゃうじゃと足に住みつくわけです。

 

ただし、白癬菌は強い生き物でなく、私たちに病気をもたらすウイルスや細菌のように生きている細胞の中に侵入できません。

 

「どこに住んでるの?」ってことですよね。実は死んだ皮膚の細胞のなかにはいってひっそりと増殖しています。

 

ここで画像をご覧ください。左側が皮膚の構造をあらわした簡単な図、右側が表皮を拡大した図になります。表皮を拡大した一番上側が外の空気にふれる部分となり角質層と呼ばれています。これは死んだ細胞で作られていて、時間が経つと剥がれていきます。

 

白癬菌はここに住んでいるのです。角質層にはケラチンと呼ばれるタンパク質が豊富にあり、白癬菌はケラチンを分解する酵素のケラチナーゼを分泌して栄養源を確保しています。私たちが生きている限り角質層は作られ続けるので、白癬菌もずっと生きられるわけです。

 

そして角質層のもととなるケラチンは全身を覆う皮膚、そして髪の毛や爪の主成分になっています。つまり、髪の毛や爪にも白癬菌が侵入する可能性があるわけです。

 

実際、爪水虫も広く知られるようになり、飲み薬で本格的治療をされる患者さんが多数います。

種類と症状

足にできる水虫には3種類あり、それらを放置しておくと爪水虫になる可能性があります。

 

趾間型

半数以上がこのタイプとされています。あの痒くてたまらないジクジク水虫です。

 

初期症状は赤くなったり薄く皮がめくれる程度ですが、そのまま放置しているとじくじくしてきたり赤くただれたりすることがあります。

 

 

小水疱型

土ふまずや足の指の付け根に近い部分などに周りが赤くなった小さな水疱ができあす。

 

水疱のできかたは大小さまざまで、孤立していたり重なることも有ります。そのまま放置しておくと乾燥して褐色のカサブタになって剥がれます。

 

しかし、このカサブタが目立つので水疱の状態で無理にむいてしまいがちですが、びらんになりますし皮が深くめくれて傷になることがあります。

 

ちなみに、この水疱の中の汁には白癬菌がほとんどいないので、感染源にならないことがわかっています。

 

 

角質増殖型

足の裏全体に広がっていくタイプです。角質層があつくなり、ボロボロと皮が向けてくるようになります。画像のようにかかとは白く厚くなるのですが、ただの乾燥肌と勘違いされやすく、また、痒みがないために放置されがちです。

 

この水虫患者さんは治療を怠りがちなため、結果的に水虫菌をばらまいている可能性があります。乾燥肌の方とおなじく保湿クリームをぬれば見た目は変わらないので、これで長年やりすごす方が多いようです。

 

本サイトのメインテーマであるかかと水虫について詳細をまとめました。

 

 

爪水虫

爪も角質層と同じタンパク質のケラチンで作られているので、白癬菌の格好の生息場所です。ただし、あの硬さに菌も潜入しにくいようですが、一度爪水虫なると外用薬で治すことができず、皮膚科で処方された飲み薬で月日をかけて治療することになります。